コンシェルジュの小部屋「イタリア生地とイギリス生地の違い」

「コンシェルジュの小部屋」ではオーダースーツの奥深さや、私自らが日頃経験した出来事などをコンシェルジュの目線でお伝えしていこうと思っております。片手間にお読み頂き、少しでも「オーダースーツ」に興味をお持ち頂ければ幸いです。


オーダースーツの豆知識「IL GRANDITコンシェルジュの小部屋」

こんにちわ。「イルグランディット」の専任コンシェルジュの白石です。

当サロンではオーダーされるお客様の大半がイタリア生地とイギリス生地からスーツのお仕立てのご注文を頂いておりますが、お客様から生地選びの際に「イタリア生地とイギリス生地の違いは?」とよく聞かれます。

一見同じように思える生地ですが、国によって様々な点で特色が異なります。今回はイタリアとイギリスの生地の違いについてご説明致します。

イタリア生地のバンチブック

まずは生地の織り方の違いですが、イタリア生地は経糸(タテ糸)が2本の糸を撚り合わせて作られた双糸、横糸が単糸にて織られている生地が多い為、(ブランドによってはイギリス生地のような織り方をしている生地もあります)生地に柔らかさと艶があり、肌触りも滑らかで、軽くて着心地が良いスーツになります。

また色柄の発色性に優れているので、多彩なバリエーションの生地をご覧いただけます。

イギリス生地のバンチブック

イギリス生地は経糸・横糸共に双糸にて織り上げる為、生地自体にハリとコシが生まれ、肌触りにはイタリア生地と比べ若干の硬さが感じられますが、シワになりにくい耐久性に優れたスーツになります。

また伝統を重んじたクラシックな色柄が多い為、フォーマルな場所等では紳士たる品の良さを醸し出してくれます。

このように生地の違いなどをお分かり頂いた上で、当サロンにお越しいただきますと、より一層オーダーを楽しんで頂けるのではないかと思っております。

私コンシェルジュが”愛着の湧く一着”に出会えるきっかけをご提案させて頂きますので、皆様のご来店を心よりお待ちしております。


IL GRANDIT 公式ホームページ