オーダー日記 vol.27 レディーススーツオーダー「生地選び編」

「オーダー日記」では毎回当サロンでオーダー頂いたスーツ・ジャケパン・コートなどの『生地選び』と『お仕立て上がり』を2回に分けてレポート致します。


今回は、女性の御客様の初オーダーを当サロンで承りましたので、そちらの生地選び編をお送り致します。

CHARLES CLAYTON生地
英国生地CHARLES CLAYTONの濃紺×パープルストライプ生地をチョイス。上品な光沢感のある生地は女性らしいエレガントさも醸し出してくれます。
CHARLES CLAYTON生地
こちらは織柄で光沢感を兼ね備えた国産の生地にてお仕立て。細かい織柄は女性らしいシルエットやスタイルを出すのに最適な柄でおススメです。

レディーススーツは、メンズスーツと違うデザインもたくさんあり、下にパンツ・スカートどちらを合わせるかによっても、バランスを考慮したシルエットが重要になってきます。

合わせる裏地や釦等も女性らしい華やかに見える色合わせにてお選びいただけます。

次回「お仕立て上がり編」では、メンズのスーツとは違うレディーススーツのディテールの違い等も合わせてご紹介させて頂きますので、ご期待下さいませ。


IL GRANDITホームページ