オーダー日記 vol3 世界で一枚のスプリングコート『お仕立て上がり編』

「オーダー日記」では毎回当サロンでオーダー頂いたスーツ・ジャケパン・コートなどの『生地選び』と『お仕立て上がり』を2回に分けてレポート致します。

オーダー日記 vol3世界で一枚のスプリングコート 「生地選び編」

本日、「世界で一枚のスプリングコート」が仕立て上がってきました。お客様にお袖を通していただく“瞬間”、そしてお客様が鏡に映る自分の姿に見入り、満面の笑みを浮かべられた“瞬間”、私たちは、最高の緊張と喜びに包まれます。

IL GRANDITオーダーコート スプリングコート

「とてもカッコイイ仕上がりに感動しています。」

お客様からの最高のお褒めの言葉にこの仕事に従事して心から良かったと感じずにはいられません。

バンチブックからお選び頂いた上質の素材で仕上げた「世界で一枚のスプリングコート」。

「世界で一枚のコート」。この言葉にはとても深い意味が込められています。既製品のコートでは決して得ることができない、自分の身長と体型に合わせて自分の希望で決めることができる着丈、袖丈、衿開き、身巾、そして欠点を魅力に変える体型補正。これは、既製品を購入する際に行われる、着丈や袖丈の「詰め」や「出し」とは異なり、どんな体型の方にもデザインバランスを崩すことなくオシャレを楽しんでいただくことができます。

身長が高いので、思うようなショートコートの丈にならない。

小柄なので、ショートコートがロングコートのようになってしまう。

コートにとって着丈とは、とても重要なポイントです。そしてさらに好みの生地や裏地、衿巾、ステッチと自分で決めていくことができ世界がどんどん広がっていくのです。

モードな雰囲気のピークドラペルにピックステッチはホワイトの太糸で3mm位置に。

お客様のご希望で、衿巾を細く、衿型をピークにされました。ハイゴージにすることで、より洗練されたイメージになります。

ステッチと釦とホールの刺繍もすべてホワイトで統一。

今回の釦は、お客様のご希望をお伺いした上で、私たちでご用意させていただきました。気に入っていただいて光栄です。

ピックステッチは、白と決めておられました。太糸を希望され、コンシェルジュの説明のもとステッチ位置を衿端から、3mmに決められました。コバといって、衿端に入れるステッチに始まり、3 mm・5 mm・7 mm・10mm など様々な位置がお選びいただけます。

釦位置は、フロントの打ち合わせ、衿開きの深さが決まる重要なポイント。

第一釦位置も自分で決められました。第一釦の位置で、衿開きの深さが決まります。

裏地は「リアブラウン&ダンスフェード」のブラックペーズリーのライニングをセレクト。

またコンシェルジュがご提案した裏地も、大変気に入っていただけたようです。

バックは深めのセンターベンツ仕様でドレッシーな印象に。

ベンツは、センターに入れられました。ベンツの深さも自分で決めていただくことができます。ベンツは動きやすさなどの機能面も果たしますが、モードの世界では、深く入れることでベンツの動きそのものでドレッシーな感じを演出したり、また、ベンツからのぞく秘められた空間でかすかな色気を演出したりしているようです。

 

エレガントでラグジュアリーな雰囲気が漂う特別なスプリングコートです。

後日談ですが、当サロンにお越しいただいた女性のお客様が、このスプリングコートのデザインをベースにベージュの生地でテーラードスーツの上から着るスプリングコートをお仕立てされました。スーツの上に着るコートが、ありきたりのトレンチコートでは嫌だとずいぶんと探されていたようです。「メンズのスタイルオーダーサロンでそれに出会えるなんて。」と大変感動されておられました。

自分が欲しかった理想のスーツやコート、”世界で一つ”の特別な一着に出会いたいアナタ。当サロンのコンシェルジュが、アナタの夢のお手伝いを致します。

ご来店を心よりお待ちしております。


IL GRANDIT 公式ホームページ