The Style「羽織る ”GRIT” モデル」

今回はイルグランディットのこの夏のおすすめ、ソフトで羽織るように着ていただく「GRITモデル」のご紹介です。

GRIT(グリット)”それは「困難にくじけないやり抜く力」を意味しています。

サマーシーズンに向けてスーツをオーダーされるお客様にとって、夏の暑さ対策は大きな課題だと考えます。地球温暖化による気候変動は、これまでに経験した事の無い猛暑をもたらし、あのギラギラとした過酷な季節を生き抜く事が、私たちに課せられたひとつの試練となっています。

そしてそれは皮肉にもにオシャレに関心の高いファッショニスタほど頭を悩ませる、現在のファッション界においての大きなテーマとなっています。

裏地をなくし過酷な「夏」を華やかに乗り越える、それが「GRITモデル」の目指すところです。

国をあげてのクールビズが毎年ニュースでも話題になりますが、やはりビジネスの場においては印象を損なわない、より華やかで凛としたスタイルが望ましいものです。そんなクールビズによって”スタイルの簡素化”が進むこの時期だからこそ、ファッショニスタとしてのセンスが問われる大切なシーズンであると私たちは考えました。

” 夏の暑さに負けないよりファッショナブルな装い ”

それが「GRITモデル」が目指した答えです。

「GRIT」モデル/LOOK BOOK

裏地・芯地・パッドなどの付属を最小限におさえることで、布地を体に沿わせソフトな着心地感に仕立てたアンコンストラクテッド(否構築的)仕立てです。本来のスーツに不可欠な副資材を極力使わずに仕立てるため、肩周りの作りはシャツのように軽く、カジュアルジャケットかカバーオールのようなフィット感となります。

高度なパターン・縫製技術によって、テーラードな立体的フォルムを構築しました。

このジャケットのように肩パットを使っていないのにしっかりと肩が入っているように見える仕立てには高い技術力を要し、過酷な夏を快適に過ごして頂きながらも、決してカジュアルに崩れない華やかな印象を与える夏の最適な仕立てとなります。

胸ポケットもチーフが挿しやすい箱ポケットに仕上げ、各所に細かな配慮がされた2パッチポケット&サイドベンツ仕様です。お選び頂く生地によって、お仕立て上がりの印象も変わります。

袖口は釦の留め外しが出来る「本開き」に。ディテールもお洒落な本格仕立てです。

ソフトで羽織るように着ていただける「GRITモデル」は、ビジネスはもちろんプライベートでもご活用頂ける、イルグランディットの今シーズンおすすめのサマースタイルです。

「GRIT」モデル/LOOK BOOK

かつての爽やかで輝くような夏を取り戻して頂けたら幸いです。是非一度、お仕立て下さい。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


IL GRANDIT 公式ホームページ