編集長のこだわり vol.2「秋のピンバッジ」

オーダースーツやカジュアルファッションをより楽しむために、IL GRANDITイルグランディット編集長がお洒落のエッセンスやアイテムをご紹介します。


メンズスーツのスタイリングではアクセサリーを着ける所はなかなか無いのですが、「ピンズ」はお洒落を楽しむ数少ないメンズアクセサリーであるといえます。

もともと「ピンズ」は、”メッセージを語る力”があることから、議員バッジや弁護士バッジ、はたまた国際的なイベントでは公式の記念「ピンズ」が作られることも多かったのです。しかし最近では、男性がウェディングやセレモニーの場でラペルに花を飾る「ブートニエール」の名残りとして、華やかさを表現したお洒落なピンズが大きなブームになっています。

フェルトや柔らかな素材で、さりげなく華やかさを主張するピンズがブームです。

私もスーツやジャケットのラペルには、その時々に合わせて「ピンズ」を付けています。

ファッションのリサーチやショッピングの際、気に入ったものに出会えばまめに購入し、またプレゼントで頂いたりする事も多く、自分流の楽しみ方をしています。デパートなどの売り場では、ハードなものやキャラクターものが多いのですが、私としては女性からの支持も高いフェミニンなフラワーモチーフのピンズを好んでコレクションしています。

フェミニンな印象、フラワーモチーフのピンズ。
この夏の一番のお気に入り「フック&アルバート」のオレンジは、女性からの受けがナイス!
裏のピン留めがボタンになていて、洒落ています。
夏のクールビズのノータイスタイルには、こちらのタイシリーズが大活躍。
様々なモチーフのピンズは、シーンや気分によって使い分けています。
動物のモチーフ。真ん中のフクロウは漆仕上げで、高級感があり気に入っています。
バッジのシリーズは、カジュアルなシーンに重宝します。
海外で見つけた私のライフワーク(笑)コレクション「ワンピース」シリーズ!海賊なだけに海賊モノ?‥‥。

皆さんもピンズで、自分流にお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。

選ぶポイントは”女性受け”(笑)、奥様や彼女に選んでもらってコレクションの幅を広げて下さい。


「IL GRANDIT」公式ホームページ