コンシェルジュの小部屋「シャツ生地トーマスメイソン」

「コンシェルジュの小部屋」ではオーダースーツの奥深さや、私自らが日頃経験した出来事などをコンシェルジュの目線でお伝えしていこうと思っております。片手間にお読み頂き、少しでも「オーダースーツ」に興味をお持ち頂ければ幸いです。


今回のコンシェルジュの小部屋では、これからの季節に向けた新たなシャツ生地としてThomas Mason(トーマスメイソン)を御紹介させて頂きます。

Thomas Mason(トーマス メイソン)は、イギリスのランカシャー地方で、1796年に創業したシャツ生地メーカーです。近年イタリアの大手シャツ生地メーカーであるアルビニ社の買収をキッカケに、イギリスからイタリアへと生産拠点を移しました。

 トーマスメイソンが得意としているシャツ生地は100番手から140番手程の一般的には高級な細番手をメインにしているブランドです。

 艷やかさを持ちながらも、しっかりとした糸使いにより織られた生地はオーソドックスな色柄をメインとしているのもあり、デイリーユース向けのシャツ生地として、日本でも非常に人気の高いブランドです。

ベーシックな色柄をメインにしつつも、品の良さが漂う生地の質の高さはトーマスメイソンならではです。そんなトーマスメイソンの生地シリーズから、当サロンでは「Journey」(ジャーニー)を新たに御提案させて頂いております。

Journeyコレクションは出張や旅行の際に必要な快適さと機能性を備えたシャツ生地の生産を目的に誕生し、綿100%でありながら高い防皺性を有しており、1日着用していても、パリッとしたシャツの着心地を体感頂けるようなシャツとなっております。

クラッシックな雰囲気の生地は日々の仕事の際に着用し、よりカジュアルな色味や柄の生地はリラックスしたオフスタイルに最適です。

上品な柔らかさと光沢感を併せ持ちながらも、型崩れしにくいトーマスメイソンのジャーニーシリーズは、正に日本のビジネスマンに最適な生地と思いますよ。

当店コンシェルジュはお客様1人1人のニーズに合わせた素材からの生地選び・スタイルのご提案を心掛けており、より細かいご要望にも可能な限りお応えさえて頂いております。

皆様のご予約・ご来店を心よりお待ちしております。


IL GRANDITホームページ